fbpx

IT顧問として日々挑戦し続ける起業家の成功に貢献します!起業・経営を特別なものから、より自然な選択肢へ!

  1. ■ツール・サービス■
  2. 116 view

審査通過率90%?起業時の資金調達におすすめできるベンチャーキャピタルとは?

ベンチャーキャピタル(VC)とは、これからの成長が見込める企業に対して、経営支援を行う組織のことです。

自社の資金を供給することはもちろん、 保有している経営ノウハウや人的ネットワークなどの強みを活かしてサポートを受けることができます。

創業融資サービスKIK

特に起業初心者にとっては、資金供給の合意を得る前でも、あらゆる側面からアドバイスも受けられたりするので、心強い存在と言えます。さらに、時には経営者を送り込み、経営に関わる支援をする場合まであります。

起業に向けた資金調達の方法には、「ベンチャーキャピタルからの資金調達」以外にも下記のように様々な方法が考えられます。

  • 貯蓄の切り崩し
  • 家族や知人からの支援
  • 「エンジェル投資家」からの投資
  • 日本政策金融公庫の「創業融資」
  • 民間の金融機関の「創業融資」
  • クラウドファンディング
    など・・・・

それぞれ、はっきりとしたメリットとデメリットがありますので、ご自身の状況に合わせた判断が必要になります。

国や自治体の「創業融資」は地味な印象もありますが、例えば、日本政策金融公庫の創業融資なら無担保・無保証(代表取締役の連帯保証不要)で、最大3000万円の融資を受けることが可能です。

日本政策金融公庫と地方銀行、信用金庫、信用組合といった地域の金融機関が、起業家を支援するために用意している融資制度で、代表取締役の家族や友人などの連帯保証も不要なので、条件が合う場合はぜひ活用したい制度ですが、事業内容が固まっていないと受けられないのがデメリットです。

逆に、「ベンチャーキャピタル」や「エンジェル投資家」の場合には、「過去の経歴よりも今のアイデアを評価して投資してくれる」ことが一番のメリットだと思います。

その他にも、「経営面の相談ができる」、「万が一事業が失敗しても、資金の返還義務がない」といったメリットがあります。

その分、成果や成長を常に求められますが、大きく成長したいと考えていらっしゃる方には強い味方ではないでしょうか。

事業を成長させたい起業家にとって、魅力的な「ベンチャーキャピタル」ですが、ネックはその審査にあります。

どんなに素晴らしい事業のアイデアを持っていたとしても慣れない会計の知識が必要な事業計画書の作成などは起業初心者にとって、とても高いハードルになってしまいます。

そこで、株式会社KIKでは「創業融資コンサルティング」というサービスが行われています。

このサービスを利用することで、起業家がやるべきことは、下記の3つだけになります。

  • 事業内容や将来のビジョンついて語る
  • 銀行に行く
  • 印鑑証明書など、必要書類を取得する

期間もだいたい1~2ヶ月、早ければ3週間程度とのこと。

しかも、これまでに成立させた融資の平均額は1000万円以上、成功率9割となっています。

その秘密は、万が一、審査が通らなかった場合でも、手付金のようなものが必要なく、成功報酬であること。

資金調達が成功しなければ、収益があがらないモデルなので、担当いただく方がとても熱心に取り組んでいただけます。

相談も無料なので、まずは下記にて詳細をご確認ください。

→ ベンチャーキャピタルからの資金調達に関する詳細はこちら

株式会社ニコプロダクション 代表取締役

目標達成法『原田メソッド』認定パートナー
クラウド会計ソフト『Freee』認定アドバイザー
経済産業省後援事業認定 ドリームゲートアドバイザー

神戸大学大学院 自然科学研究科を卒業後、キヤノン株式会社に入社。
総合デザインセンターにて新規サービスの企画提案やプロトタイプ作成に従事。
スマホアプリのオフショア開発に興味を持ち、株式会社モンスター・ラボに転職。
プロジェクトマネージャーとして、各種サービス開発を手がける。
2014年に株式会社ニコプロダクションを設立。
UI/UXデザインを軸に、ビジネスモデルから システム設計、

■ツール・サービス■の最近記事

  1. 審査通過率90%?起業時の資金調達におすすめできるベンチャーキャピタルとは?

  2. 個人事業主の節税対策にBizer!クーポン利用でお得にクラウド士業サービスが使えます!

  3. Akerun入退室管理システム

関連記事

PAGE TOP