Blog

Mac 10.10 (Yosemite)で年末調整 eltaxに挑戦!

法人設立後、初めての年末調整を迎え、粛々と手続きを進めてまいりましたが、
またしても、壁にぶつかってしまいました・・・・

それが、eltax!!

ご存知ですか?eltaxって?

e-taxではなく、eltaxです。

恥ずかしながら、私は今回初めて知りました。

税務署への確定申告でe-taxの登録が必要なことは、知っていました。
ですが、法人としての届け出を行う際には、社員に給与をどれだけ払ったか?を示す、
給与支払報告書の総括表を市区町村にも提出する必要がありました。

もちろん、紙で書いて、郵送って方法もあるのですが、できるだけ電子化したい!ので、
その方法を調べて見つけたのがeltaxです。

区役所などの市区町村に対して、インターネットを使って各種申告を行うことができるサービスです。
しかし、ここでもまたMacは冷遇されており、推奨環境にはなっていません。

しかも、eltaxはブラウザではなく、アプリ経由での申告が必要なため、Macで行うのは、非常にハードルが高いです。
Windowsであれば、PCdeskという無料のフリーアプリがあるので、比較的楽に進めることができます。
ですが、Macだと対応する会計ソフトの購入が必要になります。

そこでやっぱり使うのが、VMwareにインストールしたWindowsの仮想環境☆彡

前の記事で用意したVMware上のWindowsで無事環境設定を行うことができました。

Windows8.1、VMwareともに、お試し期間中であれば、無料で利用できます!
どうしてもMacにこだわって、時間を浪費するよりは、さっさとWindows環境を用意した方が、賢いですね(;一_一)

さっきAmazonで確認したところ、格安ノートPC、なら9000円以下でした・・・
Windowsのライセンス買うより安いので、こんなことに時間使うくらいなら、確定申告・決算なんかの納税専用Windowsを用意しておくのもアリですね。

// Amazon.co.jp ウィジェット

Related post

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

Return Top