Blog

独立してフリーランスから一人株式会社を設立する

ニコプロには、まだ社員はいません。
私一人だけの株式会社です。

一人なのになんで株式会社?と思われるかもしれませんね。
確かに色々と手続きは面倒になるのですが、実は、500万以上稼ぐ可能性があるなら、
税金を考えると、個人事業主としてやっていくよりも、株式会社にした方が、
経費の範囲が広がるので、有利になってくるんです。

しかも法人税は利益に対してかかるので、赤字なら最低額の7万円ですみます。
さらに、その赤字も繰越ができるので、稼げるようになってから、
株式会社にするよりも、早いうちに株式会社にしておく方が節税対策としては、絶対に正しいんです。

稼げるようになってから株式会社にすれば良いやって思っている人は多いと思いますが、
稼げるようになったときって、稼げない時より、仕事が多いってことですよね?

忙しくなってから株式会社設立する手続きなんて、普通無理でしょう?

経理処理の方法も変わってしまうので、覚えることだって増えてしまいます。
せっかく稼げる案件があるのに、株式会社設立の手続きに時間を取られるなんてバカらしいですよね?
なので、今後500万円以上稼ぐつもりがあるなら、
今すぐにでも株式会社を設立しておくことをオススメします!!

名刺だって代表取締役社長ってかいてあるほうが、信用してもらいやすいと思いませんか?

で、その株式会社設立に関してですが、なんと自分で申請可能です!

この記事を読んでいる方なら、すでにご存知かもしれませんが、
ネットで検索すれば、会社の元になる定款のテンプレートだってかんたんに手に入れることができます。

かく言う私も自分で申請しようとしていました。

ですが、結局は行政書士の方に依頼することにしました。
それは決して、手続きが難しかったからではありません。

意外かもしれませんが、頼んだ方が安かったからなんです。
なぜそんなことになるかと言うと、今は電子申請ができるようになっているからなんです。

自分でやると、紙書類で出すことになるので、印紙代に4万円必要なのですが、
対応している事務所なら、電子申請になるので、印紙代が不要になるのです。
もちろん自分で電子申請も可能ですが、恐らく、一回しかしないであろう株式会社の電子申請に必要な機器を買うなんてそんなバカらしいことはありません。

印紙代が不要になる分、手数料を入れても安く対応してくれる事務所もあるので、
自分で苦労して書類を用意するより、早く確実に、しかも安く申請できてしまうのです。

今から社長になろうという人なら、なんでも一人でやってはいけません。
人の使い方、依頼の仕方も覚える必要があります。

優秀な人なら、なおさら、他の人に任せられる仕事を自分でやっている場合ではありません。

さっさともっと稼げる仕組みを構築することに時間をかけるべきなのです。

もし東京で起業を予定されている方がいらっしゃいましたら、是非ニコプロにお問い合わせ下さい。
私のお付き合いしている事務所をご紹介いたします。

その事務所は、安く対応してくれるにもかかわらず、とても親切で、しかも、元総理とのコネもあったりするというなかなか凄いとこなんです。

あなたの今後の事業も加速させるかもしれませんよ?



Related post

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

Return Top